心と身体の疲れに効く最高の食事術(楽LIFEヘルスシリーズ)
  • ●2018年9月10日発売
  • ●本体価格:680円
  • ●ISBN(JAN・雑誌コード):978-4-7730-8914-1

立ち読み

ご購入は以下からどうぞ

セブンネットショップ アマゾン ブックサービス
e-hon 富士山マガジンサービス 富士山マガジン定期購読

内容紹介

毎日の通勤や仕事上のストレス、不規則な食生活などで、慢性的に「疲れ」を抱えたまま過ごしている人は多いのではないでしょうか。寝ても取れないダルさやヤル気減退の原因は、体ではなく「脳」が感じている疲労感かもしれません。自律神経の乱れにより脳の中で活性酸素が増加、「疲れている」という感覚を生み出すのです。

そんな疲労感を解消する決定版が、シリーズ累計発行部数800万部を超える「楽ライフヘルスシリーズ」から登場。監修は、ブレインケアクリニックの今野裕之院長です。腸内環境から体調を改善する方法や、自律神経を整えてバテにくい体をつくる秘訣など、わかりやすく解説。毎日どんな食材をとればいいのか?など、実践的な知識も満載です。これ1冊読むだけで、疲れ知らずな生活を手に入れられます。

また、あわせて「疲労軽減レシピ厳選28」も収録。レシピ考案は、「珍獣ママ」で知られる料理ブロガーの後藤麻衣子さん、料理家の菅田奈海さん。おいしく食べられて疲れにきく選りすぐりのレシピで、今日から疲れとりを実践してみてください。


●目次

はじめに──心療内科のドクターに聞いた! 意外と知らない疲れのカラクリ

【疲れない食事術】体験者からのススメ
【巻頭特集】疲れる食べ方していませんか? 食事ですべてがガラリと変わる!

食事の仕方を見直そう! 疲れる食べ方チェックテスト

[ダメな食べ方01] 元気を出すためにスタミナ料理を食べる
[ダメな食べ方02] たくさん食べてエネルギーチャージ!
[ダメな食べ方03] よく眠れるように軽く寝酒をする

[イイ食べ方01] よく噛んで食べると疲れにくくなる
[イイ食べ方02] 朝起きたら1時間以内に朝食をとる
[イイ食べ方03] リラックスした状態で食事をする
[イイ食べ方04] 就寝2~3時間前に夕食を終わらせれば胃腸が蘇る

《Column もっと疲れに効く豆知識1》からだがかたいと栄養が十分に吸収されない?

◎第1章……食べ物がもたらしてくれるもの/栄養素で深める食事術疲労を軽減!

・豚肉を食べてバテ知らずなカラダに!!
・不眠解消につながるビタミンB12を朝食に!
・アルコールはビタミンB群を消費させる
・カフェインを避けて自律神経を穏やかに……
・炭水化物を控えて血糖値を安定させる
・疲れたときはクエン酸甘いよりも酸っぱい!!
・たんぱく質をしっかり食べて〝快感のホルモン〟を増やす
・快眠作用のある栄養素トリプトファンをとりいれる
・鶏むね肉は本当に疲れに効く
・ヨーグルトを食べて腸内環境を整える
・リコピンを多く含むトマトは老化を防ぐ
・体内で合成できないω-3系脂肪酸で脳を若返らせる!

《Column もっと疲れに効く豆知識2》寿命まで縮める!? 栄養ドリンクでは疲れはとれない!

◎第2章……効果倍増! 疲れとりには眠ることが一番! 快適な脳眠のための生活術

・朝起きたら太陽の光を浴びる
・適度な運動習慣を身につける
・いつもと違う脳の使い方をする
・数十分の昼寝は究極の休み方
・一緒に笑うことで疲れがとれる
・マイナス思考は脳を老化させる
・動物や植物と親しむことで脳を癒す
・ぼんやりする時間が脳過労を防ぐ
・ぬるめの半身浴が安眠につながる
・寝る前のスマホは眠りの質を低下させる
・熟睡効果が得られるツボ押し術
・右向きで寝ると自律神経への負担軽減
・シンデレラタイムはなし! ただし、規則正しい生活を!!
・すぐに眠れる「478」呼吸法を試してみよう

《Column もっと疲れに効く豆知識3》夕食を抜くとさらに睡眠の質がアップする!?

◎第3章……疲れに効く! バテない体を手に入れるための疲労軽減レシピ厳選28

【鶏むね肉編】
・甘辛りんごのしょうが焼き
・鶏むね肉のレモンバターソテー
・黒酢風味のスティックからあげ
・鶏むね肉とキノコのアヒージョ
・マイタケ梅鶏
・プリプリ鶏の梅肉豆腐
・鶏むね肉のオイル漬け
・バターチキンカレー
・鶏むね肉のカルパッチョ
・鶏むね肉マーボー
・アボカドのタルタル
・バーニャカウダ

【豚肉編】
・豚トマトの黒酢炒め
・豚ニラ玉の甘酢あん
・豚こま玉ねぎからあげ
・豚のしょうが焼き
・しそサンドのおろしがけ
・豚もも梅マヨ
・豚ヒレピカタ
・豚キャベうま塩
・豚バラのとろろがけ
・ミニトマ酢豚
・白菜と豚こまの豆乳クリーム煮
・ひじきと豆腐のめんつゆ浸し

【ドリンク編】
・はちみつレモンのほうじ茶割り
・黒酢とりんごジャムではちみつジンジャー
・レンジキウイソースでヨーグルトスムージー
・梅干しとリンゴ酢のはちみつドリンク

《巻末特集》今日からできる疲れないコツ! 料理で脳トレ術

おわりに──食事と生活習慣の改善で疲れはとれる! 大切なことは脳をいかに健康に保つか……


●著者について

【監修】
今野裕之( ブレインケアクリニック院長)
ブレインケアクリニック院長。一般社団法人日本ブレインケア・認知症予防研究所所長。博士(医学)・精神保健指定医・精神科専門医・日本抗加齢医学専門医。日本初のリコード法(アルツハイマー病の画期的治療プログラム)認定医。順天堂大学大学院卒業。慶應義塾大学病院、日本大学医学部附属板橋病院、薫風会山田病院などを経て、2016年ブレインケアクリニック開院。認知症の予防・治療に栄養療法やリコード法を取り入れ、一人ひとりの患者に合わせた診療に当たっている。著書に「最新栄養医学でわかった! ボケない人の最強の食事術( 青春新書インテリジェンス)」などがある。

【レシピ制作】
後藤麻衣子( 料理ブロガー/珍獣ママ)
幼少期より独学で料理を学び、パン作りやお菓子作りに没頭。子どもたちに料理の楽しさを伝えるため、子どもでもできる簡単な料理教室を始める(※現在休業中)。2011年より開始した料理ブログが人気となり、『レシピブログ』ランキングでも常に上位をキープ。手間短料理やお菓子作りが苦手な方にも作れる簡単料理を紹介している。ほぼ毎日ブログを更新中。著作に本名の後藤麻衣子名義の『珍獣ママのフライパンでドーン! と楽々レシピ』(笠倉出版社)や『珍獣ママのガサツに楽ウマごはん』(笠倉出版社)『珍獣ママの絶品ズボラごはん』(宝島社)。そのほかレシピを監修した雑誌多数。また、『レシピブログ』でもレシピ連載をしている。主婦であり、二児の母。

【レシピ制作】
菅田奈海( 料理家/調理師)
2014年、アイデアと味を競う日本テレビ系ヒルナンデス「レシピの女王」第4回大会にて大会史上最多応募数2583通より優勝。初のレシピ本『菅田さんちのぴーかんレシピ』(宝島社)を出版。その後は、おもにメディア出演・各種出版、企業へのレシピ提供、レシピ開発など行なう。子育て中の主婦ならではの視点で楽に楽しく作れること、食べる側も楽しい(おいしい)ことをモットーに、作る側にも優しいレシピを発信している。著書『レシピの女王BESTレシピ』シリーズ4部。現在はお料理が苦手な芸能人に、誰もが簡単においしく作れるシンプルなアイデアレシピを料理教室形式で紹介するコーナーにてメディア出演中。居住地の札幌では夕方のローカル番組にてゲスト出演、得意のアイデアでインパクトある時短レシピを展開中。また、企業主催お料理教室も不定期に開催中。

内容紹介

見てわかる脳と人体の本(楽LIFEヘルスシリーズ) みんなの収納 & インテリア カラダとココロが若がえる 開脚レッスン(楽LIFEヘルスシリーズ) やさしい筋膜リリースのやり方(楽LIFEヘルスシリーズ)
見てわかる脳と人体の本(楽LIFEヘルスシリーズ) みんなの収納 & インテリア カラダとココロが若がえる 開脚レッスン(楽LIFEヘルスシリーズ) やさしい筋膜リリースのやり方(楽LIFEヘルスシリーズ)

CLOSE